多くの女性が悩んでいる!ムダ毛処理後の黒いポツポツの原因

カミソリや毛抜きでムダ毛処理を行っていると、肌に黒いポツポツができてしまったことはありませんか。
その黒ずみの原因は「埋没毛」。
カミソリや毛抜きのムダ毛処理によって肌の表面が傷ついてしまい、治そうと毛穴がふさがってしまいます。
次に生えてきた毛が肌の表面に出ることができず、黒いポツポツになってしまうのです。
せっかくムダ毛処理を行なっても、黒いポツポツが目立ってしまうと肌も綺麗に見えません。
しかし、無理に毛穴をこじ開けようとすると、出血などで肌トラブルの悪循環になってしまいます。
毛抜きやカミソリでの自己処理の際は、肌の表面を傷つけないよう優しく処理をすることをおすすめします。
また、一番手っ取り早く埋没毛を解消することができるのは永久脱毛施術です。
永久脱毛は、肌の上から黒色に反応するビームを照射します。
そのため、埋没毛にもビームの光がしっかりあたり、毛根や毛の生えてくる元になる細胞までビームが届きます。
施術後は少しの期間放置すること多いので、その間に傷が治り、ふさがっていた毛穴が開いてきます。
すると毛が綺麗に抜けるという仕組みです。
せっかくのムダ毛処理も、赤みや黒ずみなどの肌トラブルだと自信を持って薄着になれません。
今から薄着の季節をめざし、肌を綺麗にしながら脱毛しませんか。

Comments closed